白城师范学院贴吧,江泽名,百世元婴,薅羊毛,糖果空投

www.gdfc.org.cn html # 3は別のノーコントロールブロックをインデント引用またはリストの容器を使用しています

この言語のeth構造のため、htmlを使ったwebデザインは非常に簡単です。しかし、その後も最高のhtmlはhtmlのプログラマは、若干の悪い習慣を開発するならば、符号化において、間違いを犯すことができます。この記事では、我々は悪いhtml習慣さえいくつかの最高のhtmlの騎手の適切なアクセシビリティを得ないようにするのかを議論します。htmlと悪い習慣は我々の多くが開発したのかを理解しようとする議論しましょう。で、そのうちのいくつかの私たちの時間範囲にフォント書式タグへの依存性を軽減するスタイルシートを使用しているかもしれません、しかし、htmlの世界を通してあなたの方法を作ると、あなたは確かにこれはいくつかのコードを働くかもしれませんが、正確な仕様にしないとわかります。悪い習慣# html 1は第1の悪いhtml習慣の見出しの不適切な使用です。ユーザエージェントのウェブページの上で見出しを読むことによって、内容のテーブルを構築することができる。それで、あなたの情報構造をh 1〜h 6タグの使用が重要であり、サイズのテキストには、単にこれらのタグを使用して問題を引き起こすことがありえます。悪い習慣# html 2透明画像になっているのは事実上の回避策によって多くのウェブ・ビルダーをhtmlのレイアウトの制限を逃れる。これらのイメージを作ることができる、しかし、それは本当の内容とスペーサなどの補助的なイメージを区別するユーザエージェントのために困難である。その代わりに、間隔マージンを制御するために、スタイルシートを使うと他のページ要素。(css 2の白い空間の新しいスタイルがアドレスを提供する悪い癖)html # 3は別のノーコントロールブロックをインデント引用またはリストの容器を使用しています。両方のパラグラフまたはページ全体のインデントをウェブ・ビルダーによって使われる一般のバグです。問題は、ソフトウェアと特定の方法は、タグのために情報を届けることを解釈するかもしれません。それで、音声リーダーへのテキストかもしれない引用として、ブロック引用情報を解釈して、したがって、それを読んだとき、あなたはちょうどパラグラフをインデントしていました。また、スタイルシートの最良のソリューションを提供する彼らは、フォーマッティングとページの構造からの外観を分離することができます。悪い習慣# html 4は他の犯人を絶対の相対的なものの代わりにテキスト書式タグの使用である。そして、例えば、多くのブラウザでは、同じようにするかもしれません、しかし、彼らは同じことを意味しません。タグは、タグとしては、視覚の変化のどちらかの形をとることができた構造の強調を示すために設計されました(フォント、サイズ、スタイルまたは聞き取れる変化(変曲、音量、ピッチ)。

Web-Design Using HTML is the quite easy because of eth structure of this language. But even after that the best HTML programmers can commit mistakes in the coding if they develop some bad HTML habits. In this article we will discuss some of the bad HTML habits which keep even some of the best HTML jockeys from gaining proper accessibility. Let’s discuss and try to understand some of the bad HTML habits developed by many of us. In the due course of time some of us may have been using the style sheets to the extent to alleviate the dependence on FONT formatting tags, but as you make your way through the HTML world, you will definitely find out that this is some code that may work but not to the exact specifications. Bad HTML Habit #1 The first bad HTML habit is the improper use of headings. The user agents may be able to build a table of contents by reading the headings on a Web page. So, using H1 through H6 tags to structure your information is important, and using these tags simply to size text can cause problems. Bad HTML Habit#2 Transparent images have become a de facto workaround by which many Web builders elude HTML’s layout limitations. These images, however, can make it difficult for user agents to distinguish between real content and ancillary images such as spacers. Instead, use style sheets to control margins, spacing, and other page elements. (CSS2 also offers new styles that address white space.) Bad HTML Habit #3 Another no-no is using block quotes or list containers to control indention. Both are common workarounds used by Web builders to indent paragraphs or whole pages. The problem is that software may interpret and deliver information a certain way because of the tag. So, a text-to-voice reader might interpret the block quote information as a quote and read it accordingly when, in fact, you were just trying to indent a paragraph. Again, style sheets offer the best solution; they allow you to separate the formatting and visual appearance of the material from the structure of the page. Bad HTML Habit#4 Another culprit is the use of absolute text formatting tags instead of relative ones. and , for example, may render the same in many browsers, but they do not mean the same thing. The tag, as well as the tag, was designed to indicate structural emphasis that could take the form of either a visual change (font, size, and style) or an audible change (inflection, volume, and pitch).