白城师范学院贴吧,江泽名,百世元婴,薅羊毛,糖果空投

86歳の老人は30年以上走ることを堅持して、運動を促進させた。-ddrtys

Posted on March 15, 2018 by hanson

86歳の老人は30年以上走って運動を促進するための活動の資料図であることを堅持して、文とは関係なく毎日朝、1人の元気な老人がいて、都の道の道の上で走って、彼は30年余りの毎日走ってきたものを堅持します。今年86歳のお年寄りはもともと郵便屋です。ちょうど仕事に参加する時、老人のほうが生活に困ったあげく、とうとう買えない自転車に加えて、その時彼は体にもよくないし、雷发宽が選択ジョギングの方式の通勤、来る日も来る日も続いて、年ごとに、ジョギングになった彼の一生の習慣で、走って逃げたさんじゅう年。このようにして、彼は長距離運動にも縁を結んでいて、彼は毎朝30キロ離れていて、寒さの暑さにかかわらず、雨が降っても雨が降っていません。彼は中から味を味わったので,体が強くなって気分が悪くなった。「生命が運動にある」は、老人がよく言う言葉である。老人が最も殘念なことは、2013年環状走る時、当時の応募条件は年齢は65歳以上で、雷发宽老人当時すでに83歳。そこで老人は旅路を背に、食べ物を持って、コースに沿って終点に向かった。ゴールを見ているとすぐになるが、道端のスタッフが老人を止めて、老人が再び走ることを許さない。君は私をゴールにさせてくれませんか」老人に懇願道。結局、従業員はやはり老人がゴールに走ることを許さない。実は老人は頼ってジョギングの熱愛と信念に走ってゴール、ゴールインと老人は切ない。老人は心の中で、彼はこんなに強い体全部功績はジョギング。「西寧市のジョギング活動さえすれば、運動は体を鍛えるだけでなく、人生の楽しみも増えている。」お年寄り。2013年真夏の日、老人は家から出ジョギング、意外が起きた。1台の疾走した乗用車が老人にぶつかってきて、今度の交通事故で老人の体の大きさは粉々に骨折して、危うく彼の命を要した。そして老人はただベッドに座って、立っているのも難しくなり。そして、老人はジョギングへの愛を利用して、信念をもって立ってきた。「生命は運動七十の三つ子させて、私は走っていく。」お年寄り。(西海都市新聞)

86岁老人坚持跑步30余年 称运动让其返老还童 资料图,与文无关   每天清晨,有一位精神矍铄的老人,奔跑在省城的马路上,他就是30多年来每天坚持跑步的雷发宽。   今年86岁的雷发宽老人原本是一名邮递员。刚参加工作的时候,老人的生活比较拮据,买不起自行车,再加上那时他身体也不好,雷发宽便选择慢跑的方式上下班,日复一日,年复一年,慢跑便成了他一生的习惯,一跑就跑了30余年。   就这样,他与长跑运动也结下了不解之缘,他坚持每天早晨长跑30公里,不管严寒酷暑还是刮风下雨,从未间断。他从中也尝到了甜头,身体强壮了,心情豁朗了。“生命在于运动”是雷发宽老人常说的一句话。   让老人最遗憾的事情,便是2013年环城跑的时候,当时报名条件是年龄不能超过65岁,而雷发宽老人当时已经有83岁了。于是老人背上行装,带上干粮,沿着赛道向终点跑去。眼看着终点就要到了,但路边的工作人员将老人拦了下来,不允许老人再跑下去。“你就让我跑到终点好不好?”老人恳求道。最终工作人员还是没有允许老人跑到终点。其实老人就是想凭借着对慢跑的热爱和信念跑向终点,没有跑到终点,老人很难过。在老人心里,他能有这么强壮的身体全都归功于慢跑。“只要西宁市的慢跑活动我都会参加,运动不仅可以强身健体,并且还可以增添人生的乐趣。”老人说。   2013年盛夏的一天,老人依旧从家出来慢跑,而意外却发生了。一辆疾驰的小轿车向老人撞来,这次车祸造成老人身体大面积粉碎性骨折,险些要了他的命。而后老人便只能躺在床上,坐和站着都变得很困难。而老人却利用自己对慢跑的热爱,凭借着信念,站了起来。“生命在于运动,运动让我返老还童,我会一直跑下去。”老人说。(西海都市报)相关的主题文章: